トップに
戻る
株式会社シニアエイドイノベーション

兵庫県、大阪府、京都府、東京都のシニアエイドイノベーションは課題解決のご支援から、アウトソーシング、人財紹介まで全て引き受けます

対象業務(経理・財務・労務・総務・営業・技術職)

代表の日記

2017.01.05

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者の雇用を考える企業として事業を展開する、㈱シニアエイド・イノベーションの田中です。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年は皆様には本当にお世話になりありがとうございました。
引き続き本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年よりお話しておりましたと通り、本年より株式会社として事業を展開していきます。
本年は一人でも多くのシニアの方にお仕事をご提案できるよう精一杯努めて参る所存です。

また、サービスの一部がマイナーチェンジし、プラスしてサービスが増えているものもございますのでご案内致します。

① シニアエイド・マッチング(シニアの経理財務経験者の職業紹介事業)
 当社はシニアの経理財務の経験をお持ちの方のための人財マッチングサービスです。
 当社に登録されているシニアの経理財務経験者は登録時に当社ビジネスパートナーの
 公認会計士及び税理士同席の元、面談を行っております。
 シニアの経理財務経験者がマッチングするミドルの転職も展開を致します。
 <シニア>
 URL:http://senior-aid.jp/job/
 <ミドル>
 URL:http://senior-aid.jp/job_m/
 
 ② シニアエイド・顧問
 シニアエイド顧問とはシニアの経理財務および経営の支援が可能な人財を顧問(アドバイ
 ザー)としてご活用頂くサービスです。シニアエイド・顧問の特徴は様々な契約形態に対応
 することが可能です。雇用契約、顧問契約、コンサルティング契約等々
 URL:http://senior-aid.jp/advisor/

 ③ シニアエイド・アウトソーシング
 シニアエイド・アウトソーシングとは、御社の経理業務を当社にアウトソース(外部委託)し
 て頂くサービスです。(税理士事務所のアウトソーシングも承っております。)
 URL:http://senior-aid.jp/outsourcing/

 ④ シニアエイド・講師 
 シニアエイド・講師とは、当社に登録されているシニアの経理財務経験者が企業の研修・
 セミナー・講義の講師を務めるサービスです。
 御社のご希望に基づきオーダーメイドで研修内容を作成できます。
 URL:http://senior-aid.jp/lecturer/

本年より様々な形でシニアの人財にお仕事がお渡しが出来るようにサービスに変化を加えております。
少しづつそれぞれ動き出しておりますので、今から積極的に営業を掛けていきます。
その為にも今年は広告宣伝費を掛けようと計画を立てております。
当社は今年が勝負の年です。
今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.15

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「2016年度 最終投稿|2017年に向けてHPが改修作業に入ります」についてお話いたします。

明日2016年12月16日には、当方のホームページは改修作業に入り、ホームページ上では「改修作業中」と表示されます。
よって本年度最後の投稿になります。

個人事業での決算もほぼ確定しており、来年に向けてスタートダッシュが切れるよう準備を進めております。

シニアエイド・イノベーションとしてたくさんのご縁に恵まれ順調にスタートを切ることが出来ました。
これもひとえに、皆様のご支援とご指導の賜物と、深く感謝しております。

2017年1月から、以下の4つの事業に分け、展開を進めて行きます。

①シニアエイド・マッチング
・シニアの経理財務経験者のためのマッチングサービス
・シニアがマッチングするミドルの転職

②シニアエイド・顧問
シニアエイド顧問とはシニアの経理財務および経営の支援が可能な人財を顧問(アドバイザー)としてご活用頂くサービスです。シニアエイド・顧問の特徴は様々な契約形態に対応することが可能です。雇用契約、顧問契約、コンサルティング契約等々

③シニアエイド・アウトソーシング
シニアエイド・アウトソーシングとは、御社の経理業務を当社にアウトソース(外部委託)して頂くサービスです。(税理士事務所のアウトソーシングも承っております。)

④シニアエイド・講師
シニアエイド・講師とは、当社に登録されているシニアの経理財務経験者が企業の研修・セミナー・講義の講師を務めるサービスです。御社のご希望に基づきオーダーメイドで研修内容を作成できます。

来年度は、シニアの方々の希望に合ったお仕事をお渡しできるようになると確信をしております。

シニアの方々が活躍できる社会を実現するため躍進します!!

まだまだ、発展途上の企業ではございますが、2017年度もご指導、ご鞭撻の程何卒よろしくお願い申し上げます。

本年は大変お世話になり誠にありがとうございました。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.14

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「年金制度改革関連法案|2016年12月14日成立 へ」についてお話いたします。

私の理解が間違っていましたら、ご指摘頂ければと思います。

年金制度がどのように改正されるのか、ご説明致します。

現在は、配課方式で運営されております。
※配課方式とは・・・現役世代が払った保険料が今の年金受給者(高齢者)への支払いにあてられるもの
現在の日本は、基本的には賦課方式を採用していますが、高齢化のピークに備えて積み立てておいた積立金を取り崩しながら給付金にあてているのが現状です。
積立金が2006年に約150兆円残っていたのですが、2011年度末には110兆円近くまで取り崩されており、このままのペースでいけば、皆様も想像されている通り枯渇する可能性が出てきます。

そこで制度の改正を見直しているということです。
2016-10-31-1477957599-4976452-_1467943971_1467943963_kokumin4-thumb
出典:http://news.yahoo.co.jp/feature/247

上記の図を見て頂くと世代が変わるごとに負担額が増え、支給額も増えているものの、倍率で見ると下がっていることがおわかり頂けるかと思います。

簡単にですが、今回の法案ででは、この格差を減らすため、将来の財源を確保するための減額をしようという改正だということです。

上記の表を見て頂くと一目瞭然ですが、現在年金を受給されている方は安泰ですが未来は明るいものではないことがかわかり頂けるかと思います。

また、若い世代でも非正規雇用やフリーターが増えたことから25~29歳は年金を約3割しか払っていないという情報もあります。

非常に難しい問題ですが、日本全体として真剣に取り組んでいかなければならない問題だと思います。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.13

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「税制改正|配偶者控除」についてお話いたします。

皆様もご存じの通り、配偶者控除の税制改正が決まりました。
適用時期はまだ確定されていないようです。

現在の配偶者控除は以下の内容です。
※国税庁HPよりhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

<配偶者控除の概要>
納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを配偶者控除といいます。

<控除対象配偶者となる人の範囲>
控除対象配偶者とは、その年の12月31日の現況で、次の4つの要件の全てに当てはまる人です。

(1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。
(2) 納税者と生計を一にしていること。
(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
 (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

<配偶者控除額の金額>
一般の控除対象配偶者・・・38万円
老人控除対象配偶者(※)・・・48万円

来年度からは配偶者の年収の上限を103万円 ⇒ 150万円に変更になります。
ただし、夫の年収が1,220万円を超える場合には、控除を受けられなくなります。

働いている奥様方はたくさんのお悩みを抱えていらっしゃいます。
働いても保育園の費用でほぼ収入が消えてしまっている家庭もあります。

何が皆様のご家庭に取ってベストかを考え働き方を考えなくてはならないと思います。

これとは別にエコカー減税の縮小や酒税の改正等もございます。

国税庁の説明はわかりにくいのでインターネットで検索するとわかりやすく解説している税理士事務所等のホームページもございますので今一度ご確認することをお勧めいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.12

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「2017年度始動に向けて、様々なご縁が生まれています!」についてお話いたします。
12月8日(木)には、事業再生コンサルの企業様と12月10日(土)にはコンサルティング会社と弊社の登録者2名とで打合せ、その日の夜は地元でのある会に参加をさせて頂きました。

また、パートナーの社労士に以前からご紹介を頂いておりました、企業様の件で新たにご相談があり、予想通りの展開をなりました。

12月8日(木)の事業再生コンサル企業様とは現在業務提携の内容をつめており、年明けには登録者の方に情報展開が可能かと思います。
12月10日(土)のコンサルティング会社との打合せは、こちらも業務提携を前提に、どの様に仕事を受注しこなしていくかを打合せしました。
こちらも同様に年明けぐらいには登録者の方に展開が可能かと思います。

パートナーの社労士からのご相談内容は、決算を迎えた企業がビックリするぐらい税金を納めないといけないため、経理の管理及び資金繰り等の相談に乗ってほしいとのことでした。
以前から順調に売上が推移しているという話は聞いており、早めの対策を進めましたが、やはりビックリする状況になって相談が舞い込んで来ました。
思った通りの展開です。
弊社としましては、社長の経営面のサポートを精一杯行いたいと考えております。

先週は、新たな出会いが多く収穫が多い1週間となりました。

今週15日でホームページは一旦改修に入りますので、それまで情報はアップして参ります。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.09

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「契約書の作成|非常に勉強になる」についてお話いたします。

ここ数日の間で、新規で契約書を3通作成し、業務委託契約を進めている企業との契約書及び秘密保持契約書の確認とかなりの数の契約書と格闘しました。

経営者の皆様はそうだと思いますが、私はあってはならないのですが最悪のリスクを想定して判断をします。
正直に言いますとサラリーマン時代は意識したことがありませんでした。

先日、とある勉強会で弁護士の先生から契約書の基本的なことを学び、先に振り出す場合と契約書を受ける場合とでは、やはりリスクが変わってくるので、なるべく振出側になった方が良いとお話をされておりました。
やはり、その通りで私が業務委託を受ける場合、先方指定のフォーマットで、全国展開されている企業だったので、裁判所の指定は東京になっております。基本的に変更は不可能とのことでお話を頂いておりますので不利な状況には変わりありません。

この場合どのようなリスクがあるかと申しますと、もしトラブルがあり、裁判になれば、裁判に出廷するたびに東京に出向かなければならず、時間、交通費、弁護士費用、すべてが大きな負担となります。

出来る限り、トラブルのないことを理想とし、トラブルがあった際も円満解決を行いたいものです。
しかしながら、そうはいかない場合もございます。

契約書だけでは判断できないこともあり、実態を確認し、人の解釈が入るものですので、常に誠実に約束を守る姿勢を忘れず、リスクを考え活動していこうと改めて考えた数日間でした。

皆様も今一度、契約書を見直す良い機会かと思います。

契約する前に必ず目を通してリスクをお考えください。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.08

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「面談をして初めてわかる、職務経歴書の落とし穴」についてお話いたします。

本日の話は、人事担当者にも求職者にも言えることです。

当方は2016年4月以降、何十人と面談を行ってきました。

今日のお話は最近あった事例です。
今までは以下の様なことは無かったのですが、人事のご担当者にも求職者にも気をつけて頂きたいことがございます。
求職者の方でこれをみてドキッとされた方は注意が必要です。

現職に入社してから非常に短い期間での転職を考えておられる方だったのですが、職務経歴書の現職の欄には「会計監査対応」、「税務申告書作成及び納付手続き」が記載されており、どう考えても現職の企業は上場企業ではないので監査対応はないし、決算を迎えていないので税務申告書作成及び納付手続きはしていないだろうと勘づきました。
そこで面談時に確認をしましたが、やはりやっていないことを記載していることが発覚しました。
過去やっていたことでも現職でやっていないことがあるのであれば、職務経歴書に書くことはいけないと思います。
私の中では経歴詐称に当たります。

私の感覚で言えば、平気でこういったことが出来る方は、そもそも経理に向かないと思います。
それ以前人とのしてもモラルを問いたいです。
私はこのような方には基本的に求人をご提案することはございませんのでご理解を頂ければ幸いです。

上記の様に面談に時間をかけていること、業務を理解した上でヒアリングをしていることで問題が発覚することがございます。
人事のご担当者もどのような人財会社にお任せする方が、ミスマッチを逓減できるか一目瞭然かと思います。

今一度、面談に時間を割くことの大切さ、人財紹介会社の選択についてお考えを頂ければ幸いです。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.07

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「2017年度の目標に向けての準備」についてお話いたします。

もうすぐ2016年が終わろうとしております。

元町~三宮間も恒例のルミナリエが開催されており、毎日すごい人で賑わっております。
事務所がルミナリエの開催区間の南側なので帰りが大変です。

皆様も年末の挨拶にお客様先に行かれていることと思います。

今年の見通しも立っていることと思いますので来年の目標もすでに決まっている方も多いことかと思います。

当方も来年の目標は創業して5ヶ月目ぐらいにはもう決めております。
今はそのための準備を行っております。

目標って本当に大切だと思いますが、言っていることが実現しない方が多いのも事実です。
その方々の傾向として
①「夢」と「目標」の違いを理解出来ていない(プロセスもイメージしステップを踏めない)
②「できる」「できない」で物事を判断している
③覚悟が決まっていない
④言葉だけで行動しない
⑤期限を決めない
etc・・・
ではないかと思います。

考えると、やりたいことがあるなら、いつまでに何をどうすれば、思ったイメージに到達するのか、その到達点を期限毎(プロセス)に落とし込み一つ一つ繋げていけば達成することと思います。
営業の基本ですが、常に逆算をして計算をしていくことをやっていけばおのずとやらなければならないことが見えてきます。

例えば、自分の営業の成約率10%の場合10件のお客様を獲得しようと思うと100件のお客様にアプローチが必要です。成約率が1%なら1000件のお客様にアプローチが必要です。
私なら含みを見てプラスαアプローチします。

常に逆算してきちんと目標件数を割り出し、成約までのプロセス期間を考え受注のタイミング、売上のタイミングを常に計算し、種まきや水まきを続けなければなりません。

行動をするための理由を作ることが大切です。
そうすれば無駄な活動や行動が必然的に減ります。

まとまりのない文章で申し訳ございませんが、行動するための既成事実を作ることが大切かと思いますし、根本的な考え方を変えていくことが大切かと思います。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.12.06

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「当方のホームページの閲覧期間について」お話いたします。

以前にもお話をしたように2017年1月から「株式会社シニアエイド・イノベーション」として生まれ変わります。
一部はすでに法人にて契約をしている事業もございます。

そこで、当方のホームページが2016年12月15日で切替工事に入るため、ホームページの閲覧ができなくなります。
したがってブログの更新も2016年12月16日から止まります。
2017年1月5日から開始となります。

現在ホームページの会社と打合せを進めており、順調にリニューアルが進んでおります。

会社案内も並行して作成をしております。
まずは、簡単にサービス内容がわかるものをと思い、A41枚にサービスをまとめましたのでご覧いただければ幸いです。

また、最終日に改めてご連絡を致します。

2016年もあと少しですが、残りの期間も精一杯活動をしていきたいと思います!

%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%a1%88%e5%86%85

 

2016.12.05

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「インバウンド人財の活用をするなら・・・|田中のつぶやき」についてお話いたします。

私は事務所に向かう通り道の某コンビニでよく買い物をします。

本日も同様に昼食を購入しようと入りました。

入っても店員さんから何の挨拶もなく、パンを2つ手に取りレジに向かいました。

レジを担当していた方は2名で1名は日本人の男性で、もう1名はインバウンド人財の男性でした。

私が担当したのはインバウンド人財の男性で、パンを持ち目の前に来ても挨拶もしません。

バーコードを読み○○円ですと言われお金を渡しレシートを待っているとレシートが必要かどうかもわからず捨ててしまいました。

このことから思うことは、せっかくインバウンド人財を積極活用しているのだから、インバウンド人財に日本の良き文化をきちんと教育して上げてほしいということです。

「挨拶で始まり、挨拶で終わる」、「おもてなしの心」、「親切心」等々、「心」をきちんと伝えてあげないと日本にせっかく来て勉強しているのだからもったいないと思います。
また、私が新入社員で入った会社の上司、2社目の上司にも言われたことは、「君が社員としてだけでなく社会に出て恥ずかしくない人に成長できるように教育する」と教えられました。

本当に店の対応どうのこうのよりも、インバウンド人財の方の未来を考えることができる上司がいないことに非常に悲しく思いました。
そういう上司に出会えないインバウンド人財の方も本当に残念です。

次、同じ場面に遭遇したら私から教えたいと思います。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

20 / 37« 先頭...10...1819202122...30...最後 »