トップに
戻る
株式会社シニアエイドイノベーション

兵庫県、大阪府、京都府、東京都のシニアエイドイノベーションは課題解決のご支援から、アウトソーシング、人財紹介まで全て引き受けます

対象業務(経理・財務・労務・総務・営業・技術職)

代表の日記

2016.08.26

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「多数のお問合せを頂きました|お問合せありがとうございます」についてお話いたします。

一昨日のテレビ放送後に多数のお問合せを頂きました。
お問合せを頂きありがとうございます。

皆さん、本当に素晴らしいご経験を積んできておられる方が多く、実務から管理まで広くできる方や、経営者として会社運営に携わられた方、IPOや監査をメインに経験を積まれた方等様々なお問合せを頂きました。

また、お客様から経理のアウトソーシングのお問い合わせも頂きました。
お話を聞いていると非常に税理士先生に恵まれず、苦労をされている方でしたので「シニアの方の力」を最大に活用しサポートしていきたいと思います。

また、ホームページ上での「登録されている人財の検索機能」もホームページの担当社長からイメージ図が上がってきましたのでいよいよ導入に向け本格始動です。

これからもシニアエイド・イノベーションは変化・進化し続けていきますので引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.25

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「8/24(水)朝日放送ABCのキャストの放送がございました」についてお話いたします。

先日、当方に登録されている79歳の方とシニアエイド・イノベーションが朝日放送ABCのキャストの取材を受け、その放送がございました。
メインは79歳の方と奥様で当方はその支援をしているという内容でした。
テーマは「定年のない働き方」で、60歳を超えてもなお、働き続ける理由とは・・・といった内容です。

番組名:朝日放送ABC キャスト
URL:http://webnews.asahi.co.jp/cast/

昨日、放送後すぐに問い合わせが10件近くあり、「定年を超えてもまだまだ体が動くうちは社会に貢献をしたい」という方がほとんどでした。
また経理以外の方もお問合せを頂いており、業務提携をしている企業と協力をしてお仕事をご紹介をしていきたいと思っております。

当方もすべての方に、すぐにお渡しできるお仕事が十分にないのが、現状です。
これから、実務能力や、経験についてお話をお伺いし、求職者に見合ったお仕事をマッチングしていきたいと思います。

65歳を超えると本当に厳しい現状が待っておりますので、求職企業様にお雇い頂くだけではなく、当方でお仕事を受注しお渡しできるよう努力を致します。

また、2016年9月中にはホームページをリニューアルし、求人の検索ではなく「人財の検索」ができるようになりますので求人企業の皆様にも当方に登録されている方がどのような方々なのかを知って頂く機会を作ります。

改めてお願いを致します。
企業の皆様も今一度シニアの雇用を考えて頂きたく思います。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

image1

 

2016.08.24

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「あいさつの大切さ|田中のつぶやき」についてお話いたします。

私は、ほぼ毎日、駅から事務所に向かう間にあるローソンでランチを購入します。
本日もそうでしたが、シニアの方がレジだったのですが、非常に明るく元気の良い挨拶をしてくださり、気持ちよくレジも済ませてくださいました。
私が出勤する時間は社員の方の出勤する時間帯ではないので人が多くはないのですが、忙しい時間帯に行ってもテキパキと動き、一人ひとり丁寧にレジをしていました。
シニアの方が全員そうだとは言えませんが、こういったシニアの方のそばで仕事をしている若い方は、このような方を参考にして「自分に取り入れれば良いのに」と感じております。

コンビニの若い方のレジは、お客様に対するもてなす姿勢はほとんど見えず、レジに来た人間をさばいているといった印象です。(中には気持ちよくレジをしてくださるかたもいらっしゃいます。)
コンビニから給与が出るのは「お客様が商品を買ってくださる」からだということを忘れず、良いサービスを提供し「あのコンビニいつも綺麗で、店員も非常に対応が良いから、いつものコンビニで買い物しよう」と思ってもらえるようになってほしいと思います。
※若い方が全員と言っているわけではなくそういう傾向があるとの話です。

当方の事務所がある神港ビルヂングの守衛さんも清掃の方々も毎日気持ちよく、出社したときは「おはようございます。」、外出するときは「いってらっしゃいませ。」、戻ってきたときは「おかえりなさいませ。」、帰宅するときは「お疲れ様でした。」と声を掛けてくださいます。

いつもすがすがしい気持ちになれます。

”あいさつ”は、簡単なことのようで簡単でなく、出来ているようで出来ていないのではないかと思います。

皆様は、身近な方やお客様に気持ちの良い挨拶が出来ているでしょうか?

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.23

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「商売をする人の使命感|”社長になる人に知っておいてほしいこと”より」についてお話いたします。

昨日、お話しましたFOP募金箱についてですが、早速ご来社頂いた方に募金を頂きました。ご協力ありがとうございます。

それでは、本日のお題ですが今朝Facebookを見ていた時に「商売をする人の使命感」のセンテンスの一部を切り取りアップされていたのですが、その一文だと意味が伝わらないと思い書こうと思いました。

どういったことかといいますと、PHP研究所(松下幸之助氏)の「社長になる人に知ってほしいこと」の11番「商売をする人の使命感」という一文があります。

始めに、事業承継を目前に控え、悩まれている社長の相談から始まります。
「継続するためには儲けなければならない・・・ 儲けるためには理不尽なお客様にも頭を下げなければならない・・・ 息子にそのような姿を見られたくないとおもうことさえあります。松下さんに商売の意義をお教えいただきたいのですが。」とあります。

それに対して松下幸之助氏が以下の様に回答します。(要約しています。)
「ぼくが思うには、ここに品物があるとすると、あっちのない人に贈りたい、使わせたい気持ちになる。しかし自分がいちいち運んでいって「これ使ったらどうですか」ということは事実上できない。そこでそれを運ぶのが商人の役割ですね。だからこちらに余っているものを、あちらの足らんところへ動かして、バランスをとるという仕事が商人の基本的原則でしょう。それが商人の使命で、それがあるために商売が成り立つわけですわ。しかしタダで運ぶわけにはいかんから適当な手数料をもらう。これが商売の原点でしょう。その原則に忠実かどうかということですね。」

ここからが非常に大切な一文です。「自分が儲けるために商売するんやないわけです。品物がある、その品物がほしい、そういうように社会的に必要があるために、商売ができるわけです。そういう使命感というものをはっきり、その人がつかんでいないと商売にならんと思います。商売は聖なる仕事ですわ。みんな、政府も思っていないし。会社も思っていない。そういうことをはっきり理解しないから、商売と言えば、何か次元の低いものだと考える。こっちはなくて困る、あっちは余って腐らす、それを助けて仲立ちするのが商売、聖なる仕事ですよ。」とあります。

Facebookで取り上げられていた一文がこうです。「商売は聖なる仕事である。きわめて格調の高い仕事である。そういう仕事をしているのだという、自覚と意志をもつこと。そして商売をさせてもらえることに対して感謝する。卑屈になる必要など何もない。」これだとなぜ商売が格調高い仕事なのか伝わらないと思います。そう思うのは本を読んでいる私だけでしょうか?
私はネット社会の怖い所だと思います。一部だけ切り取られると経緯がわからず本当のことが伝わらないですね。

便利になったようで非常に難しい世の中になったような気がします。

皆様はいかが思われましたか?

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.22

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「FOP募金箱を設置しました!|FOP明石|難病支援募金」についてお話いたします。

当方事務所にFOP明石のFOP募金箱(難病支援募金箱)を設置しました。

どのような活動かと申しますと、兵庫県明石市在住の「山本育海君(みんなはいっくんと呼んでます。)」が、FOPという病気と闘っており、そのいっくんの活動支援と研究のための費用の確保を目的として活動しております。

※具体的な活動目的
<FOP明石>会の目的
・FOP及び希少難病問題を社会一般に広める
・健常者と共に時間を共有しお互いを理解し、親交を深める
・日々孤独に進行する病と向き合う希少難病患者・家族同士の交流の機会をもつ
・絵本、CD「神さまからの宿題」販売、募金等によるiPS細胞研究所への研究促進費、活動費の確保

FOP明石URL:http://fop-akashi.jp/

<希少難病とは>
病気の原因が不明で、治療法・治療薬がなく、同病患者が少ない(国内に5万人未満)患者をいい、日本に約7000疾患存在すると厚生労働省は発表しています。

<FOPとは>
いっくんの病気はFOP(進行性骨化性線維異形成症)という名前です。全身の筋肉などが骨に置き換わり、だんだんと体を動かしにくくなってしまいます。転んだり、体をぶつけたり、怪我をしてしまうと、どんどん新しい骨ができて病気が急激に進行してしまいます。いっくんは小3の夏に鉄棒から落ちた時に、たくさん新しい骨ができてしまい、この病気であることがわかりました。現在も治療法がなく、毎日、想像もできない激しい痛みと闘いながら生活を送っています。

いっくんを始め、いっくんママ、ご協力者の皆様、研究者の皆様が、一生懸命にFOPや難病の原因究明が進み治療法・治療薬が見つかるよう活動しております。
当方事務所にご来社頂きましたら是非ともご協力の程お願いいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

image3

image2

image1

13256024_893839724078960_8491246727026447343_n

 

2016.08.19

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「”変化をつける、工夫する、そして進化し続ける”|田中のつぶやき」についてお話いたします。

当方は、創業初期の段階ですので基本的にはチャレンジを常にしている状態です。
その中でも失敗することは多々あります。
経営者の場合、単純にチャレンジをしていては失敗をしたときに危機に陥る場合があるので”リスク”は想定してチャレンジをすると思います。
ただリスクを想定しすぎるとチャレンジも中途半端になり、得るものも少なくなってしまうため難しい所です。

どちらにしても、一番大切なのは「チャレンジ」をすることです。
「チャレンジ(行動を起こす)」をしなければ何も生まれません。
必死で考え、工夫を凝らし「チャレンジ」をします。
たとえ「チャレンジ」をして失敗しても同じ失敗はしない様に変化をつけ、工夫を凝らします。
毎日がこの繰り返しなら必ず人は「進化し続ける」ことができます。

インターネットの記事で見たのですが、7割のお年寄りが後悔していることはなにか?と聞かれた際に「チャレンジしなかったこと」と回答していると情報がアップされていました。
※はっきりとしたエビデンスがあるのかはわかりません。

<人生で後悔していること、、、7割の老人が同じ回答結果に驚愕>
http://frieheit.com/home/2016/02/08/america80/

今までがそうであったように、私はこれからも常に「チャレンジャー」であり続けます。
日々「チャレンジ」をし、日々振り返り、日々工夫を凝らし、日々進化し続けます。

皆様は、自分の意思に反して「チャレンジ」を諦めていませんか?
後悔しない様に思い立ったら必死で考えて、「チャレンジ」をしてください。

”未来の自分の為、そして未来の日本の為に”

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.18

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「会計・簿記の基礎知識⑨|クレジットカードでの支払い編」についてお話いたします。
皆様の中にはご存知の方も多いと思いますが改めて復習の意味も込めてご覧いただければ幸いです。
また間違い等ございましたらご指摘お願い申し上げます。

クレジットカードで支払いをした場合はすぐに現金が動きませんので「未払金」科目で処理をします。
<未払金説明>
未払金(みばらいきん)とは、通常の営業取引(商品の販売など)以外から発生した金銭債務(通常の営業取引以外の取引における代金の未払い金)と通常の営業取引から発生した買掛金以外の金銭債務(通常の営業取引における買掛金以外の未払い金)を処理するための負債勘定をいう。
http://kanjokamoku.k-solution.info/2006/04/post_57.html参照

<仕訳例>
”クレジット決済時”
日付:8/18 伝票番号:1000
借方  消耗品費      貸方  未払金 7,000円  
摘要:エプソンプリンターインクカートリッジ購入

”クレジット引き落とし時”
日付:9/27 伝票番号:10000
借方  未払金      貸方  普通預金 7,000円  
摘要:エプソンプリンターインクカートリッジ購入分

<まとめ>
消耗品などを購入して現金が動かない場合は「未払金」にて計上いたします。
商品を仕入た際は「買掛金」になりますのでお間違いのないようにご注意下さい。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

EL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.17

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「夏季休暇はいかがでしたか?|夏季休暇中の動き」についてお話いたします。

皆様、夏季休暇はいかが過ごされましたでしょうか?
Facebookを見ていると、趣味を楽しむ方や休みなく働いている方、個人の活動に時間を費やす方、旅行に行かれる方、田舎に帰られる方と様々ですね。

当方は特別に夏季休暇を設けてはおらずコツコツと出来ることをやっておりました。
11日は事務作業を行い、12日は介護施設を運営しているお客様に求人を頂きに行き、13日は隙間の時間を使ってお墓参りに行き、14日、15日、16日は求職者の面談を実施いたしました。
休みだから出来ることも多くありますので、うまく時間を利用できたのではないかと思います。

12日に頂いた求人は先方のお時間の関係上ホームページにはアップいたしませんのでご興味がございましたらお問合せ下さい。

皆様は長期の休暇で「休みモード」になっているかと思いますが、昨日又は本日から本格的に社会は動き出しますので切り替えてがんばりましょう!
また非常に暑い日が続きますので皆様もお体ご自愛ください。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.10

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「業務提携強化により販路拡大|福岡・東京」についてお話いたします。

当方は、兵庫県(神戸市)、大阪、京都を中心に営業を行ってきましたが、本当にありがたいお話で東京からのお問い合わせが増えたことや、皆様のご支援があったことでご縁があり、この度業務提携を強化し全国に販路が拡大されました。

現在、ご紹介できる求人は、東京・福岡・滋賀等になります。
後程ホームページにも求人情報を掲載いたしますのでご覧いただければ大変幸甚です。

当方のホームページをご覧に頂き、お問合せ頂けることを本当に感謝しております。

シニアの方々はあきらめずに行動をしてみてください。
行動することでどこかにご縁がございます。
また、出来る限り社会にふれ、継続して学習や実務能力の維持をしてください。

今後も出来る限り求職者の方や求人企業様のご支援が出来、良いサービスが提供できるよう尽力致します。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.08.09

 

おはようございます。
神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「東大阪のお客様に改めて理念の大切さを学ぶ|紙業」についてお話いたします。

最近は、東大阪に営業に行くことが多いのですが、東大阪のお客様とのお話で学ぶことが多くございました。

先日お伺いしたのは紙業のお客様で歴史のある企業です。
当方が電話にてアポイントを頂き訪問することになったのですが、現在はお雇いしたところで充足しているとのことでした。
なぜ、当方に時間を作ってくださったのかですが、当方の行っている事業の社会性や私が掲げている理念に共感頂けたからとのことです。
こちらのお客様はここ1年で50歳以上の3名のシニアをお雇いになられており、シニアの方々の仕事に対する姿勢やノウハウに感心することがいいとのお話でした。
お伺いした際に当方の事業説明や事業を始めたきっかけなどをご説明をした際に非常に共感をして頂き、「増員がする時は、必ずお声かけいたします。」とのお言葉を頂きました。

このようなことから、経営理念が非常に大切なものだと改めて気づかされました。
松下幸之助氏はある著書でこのようなことを言っております。
「理念なきところに経営は成功しない」という言葉がございます。

人の心を動かすということは、理念に共感を頂くこと、私自身を理解頂くことにあると思います。

心や気持ちが通じるということは人にとって本当に大切なことだと思います。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!