トップに
戻る
株式会社シニアエイドイノベーション

兵庫県、大阪府、京都府、東京都のシニアエイドイノベーションは課題解決のご支援から管理部業務(経理・財務・労務・総務)を全て引き受けます

代表の日記

2016.04.25

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

4月23日(土)、4月24日(日)神戸市市民救急救命士講習を「けあらん」発起人のIT会社所長の方と受講してきました。

皆様、いざという時救急救命できますか?

例えばホームで電車を待っている時に、急に前に並んでいる人が胸を押さえて倒れた時どうされますか?
以外と他人ごとではないのです。

実際にはどのようなことをするのかお伝えいたします。
神戸市 市民救急救命士

【普通救命コースⅠ】
<概要>
呼吸や心臓が止まったときに必要な電気的除細動(電気ショック)を含めた応急手当などが習得できます。
<受講時間>
3時間
<費用>
無料

【ケガの手当コース】
<概要>
骨折、外傷などのケガに役立つ応急手当が習得できます。
<受講時間>
2時間
<費用>
無料

【上級コース】
<概要>
上記の各コースに加えて、体位管理、搬送法などが習得できます。
(一定の頻度でAEDを使用する可能性のある方向けの内容を含んでいます。)
<受講時間>
8時間
<費用>
無料

【小児コース】
<概要>
小児、乳児の呼吸や心臓が止まったり、食物等が喉に詰まったときに必要な応急手当などが習得できます。
<受講時間>
3時間
<費用>
無料

【救急インストラクター講習(指導者コース)】
<概要>
より高度な応急手当及び指導技法が習得でき、地域や事業所などにおいて応急手当を普及、指導していただく救急インストラクターの資格が取得できます。
<受講時間>
3日間
<費用>
5400円

【まとめ】
私は「普通救命コースⅠ」・「ケガの手当コース」・「上級コース」と受講してきました。
下期には「救急インストラクター講習(指導者コース)」を受講し「けあらん」の一員として市民救急救命士の普及活動を行っていきます。
皆様もぜひ講習にご参加ください。講習を受けていてもAEDを使う際は一大事の時なので冷静に判断できない可能性があります。
講習を受けていないのであればなおさらです。
皆様にお考えいただきたいのは、もし目の前の方が倒れられ、救急救命が必要な場合どうしますか?ということです。
ご家族ならなおさらです。明日は我が身かもしれません。
少しでも知識や方法を知っていれば必ずいざというときの役に立ちますので真剣に考えて頂きたいと思います。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

image1

image2

 

2016.04.22

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は【寄り添い・つなぎ・絆をつくるスマイル介護応援隊「けあらん」】についてご紹介いたします。

現在は、任意団体ですが寄り添い・つなぎ・絆を作るスマイル介護応援隊けあらんの発起人として参画しております。
発起人は3名で一人は介護接遇マナーの講師をされていらっしゃるインクレセントの山本氏で、もう一人はIT会社所長の方とシニアエイド・イノベーションの田中の3名で運営を行っております。

Facebookでも情報提供しておりますのでよければ「いいね」をお願いいたします。
けあらんFacebook

では、けあらんとはどの様な団体かご説明いたします。

<名称について>
介護を一歩前に「けあらん」
※けあらん=Care Run(Care=介護・Run=進行する)

<プロジェクトの目的>
“介護離職”をキーワードに、介護する側・される側にとって、それぞれの立場の人が生きる喜び(生きがい、生きる価値、意義)を実感できることを提案する。

<行動指針>
私たちは高齢者とそれを取り巻く様々な環境が、より良い方向に向かうための提案を行うと共に、志を持った多種多様の経験を持つ者達が貢献する場を提供する。

<現在の具体的な活動内容>
① 施設見学会
過去にも実施しておりますが、4月30日に大阪の茨城市の施設へお伺いいたします。
訪問できる人数に限りがあるため、皆様にお声かけ出来ない場合もありますがご了承ください。
現段階では、見学会に伺う際にけあらんからレクリエーションの提供も行っております。
将来的には施設間の交流として施設見学会の実施お行っていきたいと考えております。

②レクリエーションのご提供
上記の①で記載した通り施設見学会を兼ねてレクリエーションをけあらんより提供させて
頂くことが出来ます。
4月30日はご協力者よりアルパの演奏のレクリエーションをご提供いたします。
(ハープのことをスペイン語読みでアルパといいます。)
今後も施設利用者も一緒に出来るレクリエーションの提供も行っていく予定です。

③介護の基礎知識・応用知識講座
5月21日にけあらん主催の介護の基礎知識講座「知っておきたい介護の基礎知識」を神戸三宮の
「神戸市勤労会館」にて実施いたします。
ご興味ございましたらお問合せ下さい。
知って着おきたい介護の基礎知識 案内
それ以外に、
・ 介護施設を運営する法人種類や具体的な運営内容について
・ 介護保険についての基礎知識
・ 介護接遇・マナーについて
・ 有用な助成金のご紹介
・ 税理士から見た介護施設運営について
・ 高齢者ケア施設のユニバーサルデザイン
・ 成年後見制度について
・ 救命救急について
・ AEDの使用方法
・ 介護に纏わる資格について
・ etc
を実施予定です。

④市民救命士普及活動・AED普及活動
発起人であるインクレセント山本が神戸市の市民救命士のインストラクター資格を保持している
ことから、他発起人のIT会社所長、シニアエイド・イノベーション田中もインストラクター資格
を取得いたします。
取得することにより民間救急講習団体(FAST)制度が利用できるため、地域のイベントやセミナー
介護施設で講習会を開くなどし、市民救命士の普及及びAEDの普及活動を行います。
介護施設で講習会を行う際は施設訪問を兼ねた企画も検討中しております。
※FAST制度の利用は下期以降になる予定です。

⑤他施設との交流会
・役職ごとの交流会(悩み相談)
イベント名の例:サ責のささやき
・施設の為の施設見学会(施設間交流、他施設の取組)
※現在、企画構想中

上記の内容でご興味やご質問がございましたら当方シニアエイド・イノベーションの田中までお問合せ下さい。

けあらん会が発足して間もないのでまだまだ発展途上ですが出来る限り介護に携わられている皆様のご支援ができる尽力して参りますので何卒ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いい申し上げます。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

寄り添い・つなぎ・絆をつくるすまいる介護応援隊けあらん

 

2016.04.21

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

4月21日・22日に2名の60歳以上の経理の実務者が登録に来られます。
頂いた簡単な情報だけ記載いたします。

本日、4月21日に登録に来られる方は会計事務所(税理士事務所)で10年以上勤められ、その後一般企業にて10数年経理をご担当されていた方です。
実務能力については本日の面談時に具体的にヒアリングいたします。

明日、4月22日に登録に来られる方は、先日大阪(梅田)で私がチラシを配っていたのを受け取られ内容に合致するため、お電話にて「私に何かお手伝いが出来ることがあれば」とお問い合わせ頂きました。
現在はフリーランスで企業の経営のお手伝いをされているそうですが経験としましては、IPO対応や役員としての経験もお持ちです。
同様に明日、4月22日に面談にて具体的にヒアリングいたします。

上記のようにお問合せ頂ければ、ニーズに合ったお仕事を精一杯お探しいたします。
当方では一人ひとりの求職活動のお手伝いをいたしますのでシニアの方でもあきらめずにお問合せ下さい。
また上記の方のように「私に何かお手伝いが出来ることがあれば」といったように今までの経験を活かし活躍できる場所はありますので皆様お待ちしております。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい

 

2016.04.20

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

最近ですが「社内コンプライアンス」について改めて考えさせられることがありましたのでお話しいたします。

あるお客様に訪問した際に「経理の経験者であり、社内コンプライアンスの対応が出来る方はいないでしょうか。」と問い合わせを受けました。
実際には当方に登録されている求人者に対応可能な方はいらっしゃいます。

具体的に内容を聞いていますと社員(上司)からの「パワハラ」「モラハラ」「マタハラ」「セクハラ」等の問い合わせについて、今後コンプライアンス違反を犯した社員とどのように接するか、どのように対処するかなど相談業務ががまれにあるとのことでした。

実際にはどこの会社でもあることだと思いますが、こちらのお客様は社員にとって働きやすい職場づくりを目指しておられ、どのようなことでも相談になる体制を整えておられました。

上記のような事柄について、皆様はどのようにお考えですか?

私個人の考えですが、上記のようなハラスメントには明確な定義がないので個人の受け取り方が大きく左右しますが、会社側は出来る限りコンプライアンス違反をなくすよう上記のような窓口を設け、対応する必要があると思います。
また、社員や職員の方は、会社では必ず一人ひとりに役割がありますから権利を主張するばかりではなく責任を果たしたうえ(責任を果たす姿勢が大切)で権利を主張するようにして頂ければよいのではないかと思います。
以前、私がいた職場では全く上司が部下を叱りませんでした。同僚が全く成績も上げてこず、成績を上げるよう必死になっている姿勢も見えないので上司に「なぜ、叱らないのですか?」と質問をしました。その時あまりにもショックな返事が返ってきました。
上司の返事はこうです。

「パワハラで訴えられる可能性があるから叱れない」と返ってきました。
その時は上司と相談して私から同僚に話をしました。

私は本当に悲しい気持ちになりました。
その人のために叱ることって本当に大切なことだと私は思います。

これだけでは解決できませんが、会社は「怒る」と「叱る」は全く違うことであることを理解し、社員と積極的に接し、社員は「叱られる理由が自分のどこかにあるのではないか」と言った自責の念をもって仕事に取り組んで頂ければ少しは良くなるのではないかと思っております。

皆様も今一度「社内コンプライアンス」についてお考え頂ければ幸いです。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい

 

2016.04.19

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「大阪・神戸の医療法人様からのお問合せが増えております」についてお話しいたします。

昨日(4/18)も2件の医療法人様より求人を頂きました。
来週も医療法人様に2件訪問予定です。

昨日、神戸市の医療法人様にお伺いした際に、「若い方は医療法人会計を難しいと思っている方が多いように思います」とご担当者がおっしゃっておりました。
ご担当者もおっしゃっておられましたが、医療法人では「レセプト・薬剤・電子カルテ等の様々なシステム」が動いておりますが、会計の基本を理解していれば業種が変わっても応用が利き対応できると思います。
また、次にお伺いした別の医療法人様のご担当者様もそのようにおっしゃっておられました。
若い方には恐れずにどんどんチャレンジして頂きたいと思います。

本日、求人をアップいたしますが、どちらの医療法人にも言えることですがご担当者様や事務所の雰囲気を見ていると本当に「アットホームな職場」であるという印象を受けました。
医療法人様は、患者様や要介護者など人に触れる仕事柄、必然的にアットホームな職場」になるのではないかと思います。

当方では経理能力の高い医療法人で事務長をされていた方等、ベテランの方も登録に来られておりますのでお問合せ頂ければ幸いです。
また、過去にシステムの販売を行っておりましたのでシステム導入でお困りのご担当者がいらっしゃいましたらご相談に乗りますのでご連絡お願いいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.04.18

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

————————————————————–
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げるとともに一日でも
早く復旧されることをお祈りいたします。
————————————————————–

本日は「中小企業の建設工事業の原価管理について」お話しいたします。
※ソフトウェアメーカー(ソフトハウス)にも言えることです。

中小企業の建設工事業の皆様、工事ごとの原価管理できていますか?

過去にソフトメーカーに勤務していた頃、建設工事業のお客様と商談をする機会が何度もありました。

建設工事業の会計は特殊で「工事完成基準」または「工事進行基準」で行います。

工事完成基準は例えば工期が1年の工事受注し、予定や予算に対して工事を進めていきます。
その際、工事にかかった費用(材料費・人件費・その他)は「未成工事支出金」という科目で計上します。この段階では未成工事支出金は資産として計上され、原価計上されておりません。工事が完成するまで、未成工事支出金として計上していきます。1年後に工事が完成し、その段階で未成工事支出金に計上されていた費用を原価に振り替える仕訳を起こし、売上を立てます。基本的に完成工事の場合は、この時点で今回の工事の利益がどの程度であったかが具体的にわかります。※この規模になるとソフトウェアまたはExcel等で管理されているところはあります。

小さい工事なら管理上、利益も把握できますが、工期が長くなると工事が完成した段階で赤字だと気付く場合もございます。

それでは、工期が長く決算をまたぐ工事が多い企業は、決算時にすごい赤字を出すことで融資が受けられず資金繰りが回らなくなり倒産してしまうなどの問題があり、「工事進行基準」が2009年4月より「工事進行基準」が導入されました。

工事進行基準は「工事完成基準」同様に「未成工事支出金」に費用を計上していくところは一緒ですが、工事の進捗率で売上原価計上することが求められます。
簡単説明しますと工事が30%進捗した場合、受注金額1億の工事であれば3千万円売上計上し、それまでかかった費用を原価計上いたします。そうすることで工期の長い工事でもある時点の利益を適正に把握することができるメリットがございます。

どちらにせよ何が大切かというと、きちんと「原価管理をされているかどうか」です。
これはどの業種にも言えたことですが適正に原価(固定費・変動費)を管理することで利益を圧迫しているものが見えたり、今まで気づかなかった費用がわかったりもします。

管理の方法はいろいろとございますので今は自分の頭でしか管理していない方や簡単にExcelで管理している企業様、どのように管理をしたらよいのかなど疑問やご質問があればお問合せ下さい。ご相談に乗ります。管理ソフトについてもアドバイスいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。
また、内容に間違いがある場合もご連絡頂けると幸いです。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.04.15

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。
熊本の皆様のご無事をお祈りいたします。

本日は「税理士様・国税局退官税理士・税理士を目指している方のお問合せが増えています」についてお話しいたします。

当方では、税理士法人様からのお問合せや勤務税理士として働きたい税理士様、国税局を退官された税理士様のお問合わせが増えております。

税理士法人様からは「勤務税理士」か「税理士を目指して勉強中の職員様」の求人についてのお問合せが増えており、経理のご経験者も求人の対象となります。

また国税局を退官をされて独立されている税理士様からは、「お知り合いの国税局を退官をされた税理士様で勤務税理士として働きたい方がいる」とご相談を頂いております。

当方は税理士事務所様の業務や顧問先様との関係性や税理士業界について、過去の経験から把握しており、それぞれの立場にあったご提案ができますのでどのようなことでもお問合せ頂ければ幸甚でございます。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.04.14

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「業務ソフトの業者選定について」お話しいたします。

私個人としましては、業務ソフトの販売代理店、業務ソフトメーカー、業務ソフトスクラッチ開発会社と経験をしております。
その経験をもとにお話しいたします。

現在では、業務ソフトも多種多様で、クラウド型、クライアントサーバー型、買取での購入、レンタルでの利用、利用料方式、パッケージソフト、スクラッチ開発など様々です。
大手企業は情報システム部があり、自社で仕様書を起こしSI企業(システムインテグレーター)に仕様書を展開し提案をして頂きます。

ここで一番ソフトの選定が難しいのが中小企業です。
小企業では情報システム部がない所が大半ではないかと思います。

まずは業者選定から行わなければいけません。
そこで業者選定のポイントを挙げます。(業種業態や規模、取引先等によっても変わりますので参考としてご覧ください)

① 販売代理店orメーカーか?

② 営業等の担当者の業務知識や会計知識はどうか?

③ 自社の業務にマッチしているか全体の業務を通して考えているか?

④ 購入後のサポート体制はどうか?

⑤ ソフトウェア以外の知識やノウハウはどうか?(ハードウェア、ネットワークについて)

が挙げられます。

①は販売代理店かメーカーで何が違うかというと販売代理店は多数のメーカーソフトの取扱いやスクラッチ開発を行っている業者が多いのでバリエーション豊かな提案が可能です。
逆にメーカー直販は自社の製品であるので機能の理解など深く、応用のきいた提案が可能です。

②は自社の担当になった営業マンが自社の業種の理解があるか探ってみてください。知識のない営業マンからは的外れな提案しか出てきませんし、今はよくても将来的な視点での提案は出てきません。また会計知識がなぜ必要かというと業務ソフトや給与ソフトなど大体の業務が会計に直結するからです。管理会計を行う上では③も含めて自社にマッチしてしている業務ソフトであり、業務ソフトから会計ソフトへの仕訳の自動生成が行われるか、業種にもよりますが現場の人件費を原価として管理台帳毎に管理が出来、管理会計ソフト上での分析資料として出力できるかなど全体をふまえての検討が必要です。

また④購入後のサポートについてですが必ず対応時間、料金、対応方法等を確認して下さい。今はよくなりましたが電話対応のみの保守の場合、電話にがつながらないといった業者もありました。税務調査など緊急時に素早く対応して頂ける業者を選びましょう。

⑤のソフトウェア以外の知識やノウハウはどうかについて、なぜ必要かというと基本的にハードウェア(PC・サーバー・ルーター・HUB等)上で動くことがほとんどですし、出力もプリンタで行います。ソフトウェアとハードウェアの購入先を分けていると、トラブルが起きた時に切り分けが大変で責任の範囲が明確にならないことがあるからです。

まだまだたくさんポイントはありますが上記の内容を少しでも参考にして頂ければ幸いです。

業務ソフトの選定でお困りでしたらご相談ください。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.04.13

 

皆様

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

昨日は「特定就職困難者雇用開発助成金」についてでしたが本日は「高年齢者雇用開発特別奨励金」についてアップいたします。
皆様は高年齢者雇用開発特別奨励金についてご存知でしょうか?
高年齢者雇用開発特別奨励金は厚生労働省発信の助成金です。

<概要>
雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る。)に対して助成されます。

<主な支給要件>
本奨励金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。

(1)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等(※1)の紹介により雇い入れること。
(2)1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れ、1年以上雇用することが確実であると認められること。
※1 具体的には次の機関が該当します。
   [1]公共職業安定所(ハローワーク)
   [2]地方運輸局(船員として雇い入れる場合)
   [3]適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者
厚生労働大臣の許可を受けた有料・無料職業紹介事業者、届出を行った無料職業紹介事業者、または無料船員職業紹介事業者(船員として雇い入れる場合)のうち、本助成金に係る取扱いを行うに当たって、厚生労働省職業安定局長の定める項目のいずれにも同意する旨の届出を労働局長に提出し、雇用関係給付金に係る取扱いを行う旨を示す標識の交付を受け、これを事業所内に掲げる職業紹介事業者

※このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件がありますので、詳しくはお問合せ下さい。

<支給額>
支給額は70万円(35万円×2期)

<参考URL>
厚生労働省参考URL

<まとめ>
「高年齢者雇用開発特別奨励金」に関しましては当方取扱いできる事業者として認定頂いておりますのでご相談頂ければと思います。

※「高年齢者雇用開発特別奨励金」の内容に関しましては抜粋して記載しておりますので詳しくはお近くの助成金デスクか当方までお問合せ下さい。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.04.12

 

皆様

おはようございます。
神戸・大阪を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「特定就職困難者雇用開発助成金について」アップいたします。
皆様は特定就職困難者雇用開発助成金についてご存知でしょうか?
特定就職困難者雇用開発助成金は厚生労働省発信の助成金です。

<概要>
高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。

<主な支給要件>
 本助成金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。
(1)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等(※1)の紹介により雇い入れること
(2)雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用すること(※2)が確実であると認められること。
※1 具体的には次の機関が該当します。
[1]公共職業安定所(ハローワーク)
[2]地方運輸局(船員として雇い入れる場合)
[3]適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者
厚生労働大臣の許可を受けた有料・無料職業紹介事業者、届出を行った無料職業紹介事業者、または無料船員職業紹介事業者(船員として雇い入れる場合)のうち、本助成金に係る取扱いを行うに当たって、厚生労働省職業安定局長の定める項目のいずれにも同意する旨の届出を労働局長に提出し、雇用関係給付金に係る取扱いを行う旨を示す標識の交付を受け、これを事業所内に掲げる職業紹介事業者
※2 対象労働者の年齢が65歳以上に達するまで継続して雇用し、かつ、当該雇用期間が継続して2年以上であることをいいます。
※3 このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件がありますので、お問い合わせください。

<支給額>
当方で取り扱える事業で利用できる可能性があるのは、[1]高年齢者(60歳以上65歳未満)です。
支給額は60万円(30万円×2期)

<参考URL>
厚生労働省HP

<まとめ>
助成金はたくさんありますが周知されていないこともよくあり、知らない事業者様が多数いらっしゃいます。
また申請が大変で手間がかかるものも多数あります。
一概には言えませんが助成金に手間をかけるのであれば少しでも営業をし、受注につなげる方が近道な事業もあると思います。
「特定就職困難者雇用開発助成金」に関しましては当方取扱いできる事業者として認定頂いておりますのでご相談頂ければと思います。

※「特定就職困難者雇用開発助成金」の内容に関しましては抜粋して記載しておりますので詳しくはお近くの助成金デスクか当方までお問合せ下さい。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

34 / 35« 先頭...1020...3132333435