トップに
戻る
株式会社シニアエイドイノベーション
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
シニアエイド・学校
シニアエイド・マッチングシニア
シニアエイド・マッチングミドル
シニアエイド・顧問
企業の管理部長「バックオフィスマネージャー」
シニアエイド・顧問
代表の日記

シニアの転職、就職、求職は神戸の株式会社シニアエイドイノベーション

中小企業の建設工事業の皆様 原価管理できていますか?

2016.04.18

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

————————————————————–
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げるとともに一日でも
早く復旧されることをお祈りいたします。
————————————————————–

本日は「中小企業の建設工事業の原価管理について」お話しいたします。
※ソフトウェアメーカー(ソフトハウス)にも言えることです。

中小企業の建設工事業の皆様、工事ごとの原価管理できていますか?

過去にソフトメーカーに勤務していた頃、建設工事業のお客様と商談をする機会が何度もありました。

建設工事業の会計は特殊で「工事完成基準」または「工事進行基準」で行います。

工事完成基準は例えば工期が1年の工事受注し、予定や予算に対して工事を進めていきます。
その際、工事にかかった費用(材料費・人件費・その他)は「未成工事支出金」という科目で計上します。この段階では未成工事支出金は資産として計上され、原価計上されておりません。工事が完成するまで、未成工事支出金として計上していきます。1年後に工事が完成し、その段階で未成工事支出金に計上されていた費用を原価に振り替える仕訳を起こし、売上を立てます。基本的に完成工事の場合は、この時点で今回の工事の利益がどの程度であったかが具体的にわかります。※この規模になるとソフトウェアまたはExcel等で管理されているところはあります。

小さい工事なら管理上、利益も把握できますが、工期が長くなると工事が完成した段階で赤字だと気付く場合もございます。

それでは、工期が長く決算をまたぐ工事が多い企業は、決算時にすごい赤字を出すことで融資が受けられず資金繰りが回らなくなり倒産してしまうなどの問題があり、「工事進行基準」が2009年4月より「工事進行基準」が導入されました。

工事進行基準は「工事完成基準」同様に「未成工事支出金」に費用を計上していくところは一緒ですが、工事の進捗率で売上原価計上することが求められます。
簡単説明しますと工事が30%進捗した場合、受注金額1億の工事であれば3千万円売上計上し、それまでかかった費用を原価計上いたします。そうすることで工期の長い工事でもある時点の利益を適正に把握することができるメリットがございます。

どちらにせよ何が大切かというと、きちんと「原価管理をされているかどうか」です。
これはどの業種にも言えたことですが適正に原価(固定費・変動費)を管理することで利益を圧迫しているものが見えたり、今まで気づかなかった費用がわかったりもします。

管理の方法はいろいろとございますので今は自分の頭でしか管理していない方や簡単にExcelで管理している企業様、どのように管理をしたらよいのかなど疑問やご質問があればお問合せ下さい。ご相談に乗ります。管理ソフトについてもアドバイスいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。
また、内容に間違いがある場合もご連絡頂けると幸いです。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

税理士様・国税局退官税理士様・税理士を目指している方のお問合せが増えてます

2016.04.15

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。
熊本の皆様のご無事をお祈りいたします。

本日は「税理士様・国税局退官税理士・税理士を目指している方のお問合せが増えています」についてお話しいたします。

当方では、税理士法人様からのお問合せや勤務税理士として働きたい税理士様、国税局を退官された税理士様のお問合わせが増えております。

税理士法人様からは「勤務税理士」か「税理士を目指して勉強中の職員様」の求人についてのお問合せが増えており、経理のご経験者も求人の対象となります。

また国税局を退官をされて独立されている税理士様からは、「お知り合いの国税局を退官をされた税理士様で勤務税理士として働きたい方がいる」とご相談を頂いております。

当方は税理士事務所様の業務や顧問先様との関係性や税理士業界について、過去の経験から把握しており、それぞれの立場にあったご提案ができますのでどのようなことでもお問合せ頂ければ幸甚でございます。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114

 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

業務ソフトの業者選定について

2016.04.14

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「業務ソフトの業者選定について」お話しいたします。

私個人としましては、業務ソフトの販売代理店、業務ソフトメーカー、業務ソフトスクラッチ開発会社と経験をしております。
その経験をもとにお話しいたします。

現在では、業務ソフトも多種多様で、クラウド型、クライアントサーバー型、買取での購入、レンタルでの利用、利用料方式、パッケージソフト、スクラッチ開発など様々です。
大手企業は情報システム部があり、自社で仕様書を起こしSI企業(システムインテグレーター)に仕様書を展開し提案をして頂きます。

ここで一番ソフトの選定が難しいのが中小企業です。
小企業では情報システム部がない所が大半ではないかと思います。

まずは業者選定から行わなければいけません。
そこで業者選定のポイントを挙げます。(業種業態や規模、取引先等によっても変わりますので参考としてご覧ください)

① 販売代理店orメーカーか?

② 営業等の担当者の業務知識や会計知識はどうか?

③ 自社の業務にマッチしているか全体の業務を通して考えているか?

④ 購入後のサポート体制はどうか?

⑤ ソフトウェア以外の知識やノウハウはどうか?(ハードウェア、ネットワークについて)

が挙げられます。

①は販売代理店かメーカーで何が違うかというと販売代理店は多数のメーカーソフトの取扱いやスクラッチ開発を行っている業者が多いのでバリエーション豊かな提案が可能です。
逆にメーカー直販は自社の製品であるので機能の理解など深く、応用のきいた提案が可能です。

②は自社の担当になった営業マンが自社の業種の理解があるか探ってみてください。知識のない営業マンからは的外れな提案しか出てきませんし、今はよくても将来的な視点での提案は出てきません。また会計知識がなぜ必要かというと業務ソフトや給与ソフトなど大体の業務が会計に直結するからです。管理会計を行う上では③も含めて自社にマッチしてしている業務ソフトであり、業務ソフトから会計ソフトへの仕訳の自動生成が行われるか、業種にもよりますが現場の人件費を原価として管理台帳毎に管理が出来、管理会計ソフト上での分析資料として出力できるかなど全体をふまえての検討が必要です。

また④購入後のサポートについてですが必ず対応時間、料金、対応方法等を確認して下さい。今はよくなりましたが電話対応のみの保守の場合、電話にがつながらないといった業者もありました。税務調査など緊急時に素早く対応して頂ける業者を選びましょう。

⑤のソフトウェア以外の知識やノウハウはどうかについて、なぜ必要かというと基本的にハードウェア(PC・サーバー・ルーター・HUB等)上で動くことがほとんどですし、出力もプリンタで行います。ソフトウェアとハードウェアの購入先を分けていると、トラブルが起きた時に切り分けが大変で責任の範囲が明確にならないことがあるからです。

まだまだたくさんポイントはありますが上記の内容を少しでも参考にして頂ければ幸いです。

業務ソフトの選定でお困りでしたらご相談ください。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

高年齢者雇用開発特別奨励金について

2016.04.13

皆様

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

昨日は「特定就職困難者雇用開発助成金」についてでしたが本日は「高年齢者雇用開発特別奨励金」についてアップいたします。
皆様は高年齢者雇用開発特別奨励金についてご存知でしょうか?
高年齢者雇用開発特別奨励金は厚生労働省発信の助成金です。

<概要>
雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る。)に対して助成されます。

<主な支給要件>
本奨励金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。

(1)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等(※1)の紹介により雇い入れること。
(2)1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れ、1年以上雇用することが確実であると認められること。
※1 具体的には次の機関が該当します。
   [1]公共職業安定所(ハローワーク)
   [2]地方運輸局(船員として雇い入れる場合)
   [3]適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者
厚生労働大臣の許可を受けた有料・無料職業紹介事業者、届出を行った無料職業紹介事業者、または無料船員職業紹介事業者(船員として雇い入れる場合)のうち、本助成金に係る取扱いを行うに当たって、厚生労働省職業安定局長の定める項目のいずれにも同意する旨の届出を労働局長に提出し、雇用関係給付金に係る取扱いを行う旨を示す標識の交付を受け、これを事業所内に掲げる職業紹介事業者

※このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件がありますので、詳しくはお問合せ下さい。

<支給額>
支給額は70万円(35万円×2期)

<参考URL>
厚生労働省参考URL

<まとめ>
「高年齢者雇用開発特別奨励金」に関しましては当方取扱いできる事業者として認定頂いておりますのでご相談頂ければと思います。

※「高年齢者雇用開発特別奨励金」の内容に関しましては抜粋して記載しておりますので詳しくはお近くの助成金デスクか当方までお問合せ下さい。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

特定就職困難者雇用開発助成金について

2016.04.12

皆様

おはようございます。
神戸・大阪を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「特定就職困難者雇用開発助成金について」アップいたします。
皆様は特定就職困難者雇用開発助成金についてご存知でしょうか?
特定就職困難者雇用開発助成金は厚生労働省発信の助成金です。

<概要>
高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。

<主な支給要件>
 本助成金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。
(1)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等(※1)の紹介により雇い入れること
(2)雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用すること(※2)が確実であると認められること。
※1 具体的には次の機関が該当します。
[1]公共職業安定所(ハローワーク)
[2]地方運輸局(船員として雇い入れる場合)
[3]適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者
厚生労働大臣の許可を受けた有料・無料職業紹介事業者、届出を行った無料職業紹介事業者、または無料船員職業紹介事業者(船員として雇い入れる場合)のうち、本助成金に係る取扱いを行うに当たって、厚生労働省職業安定局長の定める項目のいずれにも同意する旨の届出を労働局長に提出し、雇用関係給付金に係る取扱いを行う旨を示す標識の交付を受け、これを事業所内に掲げる職業紹介事業者
※2 対象労働者の年齢が65歳以上に達するまで継続して雇用し、かつ、当該雇用期間が継続して2年以上であることをいいます。
※3 このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件がありますので、お問い合わせください。

<支給額>
当方で取り扱える事業で利用できる可能性があるのは、[1]高年齢者(60歳以上65歳未満)です。
支給額は60万円(30万円×2期)

<参考URL>
厚生労働省HP

<まとめ>
助成金はたくさんありますが周知されていないこともよくあり、知らない事業者様が多数いらっしゃいます。
また申請が大変で手間がかかるものも多数あります。
一概には言えませんが助成金に手間をかけるのであれば少しでも営業をし、受注につなげる方が近道な事業もあると思います。
「特定就職困難者雇用開発助成金」に関しましては当方取扱いできる事業者として認定頂いておりますのでご相談頂ければと思います。

※「特定就職困難者雇用開発助成金」の内容に関しましては抜粋して記載しておりますので詳しくはお近くの助成金デスクか当方までお問合せ下さい。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

統計データの利用について(例:神戸市住民基本台帳(日本人・外国人)町丁目別・年齢別人口)

2016.04.11

皆様

おはようございます。
神戸・大阪を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「統計データの利用について」アップいたします。

この度、当方では神戸市の企画調整局 政策調査課が作成している「住民基本台帳(日本人・外国人)町丁目別・年齢別人口」を利用いたしました。
過去にも厚生労働省の国税調査での資料を参考にしたりもしました。

皆様は統計データを利用されておりますか?

当方ではあくまで統計データは参考程度に利用させていただき、実際には現地に出向いて「話を伺ったり」「現地の人の動きを観察」を行ったりしました。
例えば、「住民基本台帳(日本人・外国人)町丁目別・年齢別人口」のデータ内に「須磨区の大池5丁目」は須磨区の中で人口の多いベスト4に入っております。
また35歳以上の人口が多いとデータ上は出ております。
そこで現地に出向き実地調査(歩いて観察と建物の集まり方などから推測も含む)を行い、わかったことがあります。
JR鷹取駅周辺に高層マンションがまとまって立っており、クリニック等も駅周辺に集まっていることから人口の集まり方がイメージできました。
上記の結果かから、JR大久保駅もJR鷹取駅同様に建物やクリニックが集まっていることから同じような人口の集まり方をしているのではないかと推測が出来ます。

結論、データはあくまで参考でなぜそのような結果になっているのかを調査及び推測し、同じような地域があるのであればその地域も同じような結果かどうかをデータで確認することで利用の仕方も変わってくると思います。データだけに頼らず必ず現地調査を行うことが大切であるということです。
皆様もうまく統計データを利用し効率を計って頂ければと思います。

<参考>
神戸市参考データ
神戸市 統計データ

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

経営理念の大切さ

2016.04.08

皆様

おはようございます。
神戸・大阪を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「経営理念の大切さ」についてお話しいたします。

事業をスタートしたばかりの私が語るようなお話ではないのかも知れませんが、私は経営理念がいかに大切かを理解しているつもりでおります。

経営の神様と言われている松下幸之助氏述、PHP総合研究所編、「社長になる人に知っておいてほしいこと」より、松下幸之助さんは「理念なきところに経営は成功しない」
と述べられております。
私はこの言葉から「理念とは社会に対しての会社の存続意義」であると認識しております。
なぜ、この会社があるのか。
なぜ、この事業が成り立つのか。
なぜ、お客様はそのサービスを利用するのか。
なぜ、お客様はその商品を購入するのか
そこにはかならず理念があります。

シニアエイド・イノベーションの経営理念(存続意義)は以下です。
① シニア層の雇用機会の創造
② シニア層のワークライフバランスの実現
③ 中小企業の経営力の向上に伴う、経営基盤の更なる発展

私たちはシニア層の雇用機会の創造をすることにより、シニア層のワークライフバランスが充実し、更にはシニア層が企業で活躍することにより、企業の経営力の向上に貢献し、中小企業の経営基盤の更なる発展が実現されると信じております。
シニア層及び中小企業が元気になることにより、更なる雇用が拡大され、社会保険料や所得税の納税、生活消費にも大いに貢献できるものと自負しております。
上記の理念を元に私たちは日本を元気にすることを誓います。

当方がこれから存続していく理由として上記の理念を掲げております。
また当方の理念に共感頂けましたら幸いでございます。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

神戸ビジコレにも情報掲載しております

2016.04.08

当方の情報を神戸商工会議所が運営している「神戸ビジコレ」にも情報を掲載しております。

神戸・大阪のシニアの経理財務人財のご紹介ならお任せください。
シニアエイド・イノベーション
http://www.kobe-busicolle.net/senior-aid/

ご覧いただければ幸いです。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

 

企業がシニアの方に求める人物像

2016.04.07

皆様

おはようございます。
神戸・大阪を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。(シニアの転職、就職、求職支援)

本日は「企業がシニアの方に求める人物像」についてお話しいたします。

現在、多種多様な業種業態の会社の人事担当者や社長とお話しする機会があり、「シニアの方に求める人物像」についてまとめます。(中小企業が中心)
そこで私がお伺いした中で大切だと思う項目をピックアップいたします。

<シニアエイド・イノベーションが大切だと思う項目>
・従事している職種のプロフェッショナルであること、尚且つ他の職種の仕事もこなせる方
・社長とのコミュニケーションがスムーズに行うことができるコミュニケーション能力をお持ちの方
・社長にない発想を持ち、それを企画・立案・提案出来る方
・プレイングマネージャーとして活躍できる方・後進を育てることができる方

「従事している職種のプロフェッショナルであること」については記載の通りですが、なんでもできますという方よりもその道のプロフェッショナルな方を求められている傾向があります。
ただ、中小企業の場合は、それだけではなく例を挙げると経理財務のプロでもあり総務・人事も含めて出来る方であってほしいとの声が多くあります。インターネット求人サイトの求人をご覧いただければイメージをつかんでいただけると思います。

次に「プレイングマネージャーとして活躍できる方」も求められており上記の内容にプラスしてマネージャーとして後進を育てることが求められます。

また中小企業ですと会社の仕組み作りやルール作りも社長と一緒に行い、「社長にない発想を持ち、それを企画・立案・提案出来る方」が求められます。

やはり雇用する側の会社としては経験も積まれているシニアの方を雇用するのであれば、当たり前のことかもしれませんが今まで培ったものを会社に落とし込んでほしいとお考えの会社が多いように思います。

多種多様な業種業態の会社がありますので一概にこれだけのことではありませんが、「従事している職種のプロフェッショナルであること」が、私はキーワードであると感じております。

求職されているシニアの皆様には上記のポイントを意識して職務経歴書の作成や面接時のPRの方法についてご検討頂ければ幸いです。

次回は、少し趣旨が変わりますが「経営理念の大切さ」についてお話しいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

本日は雨ですが本日も充実した一日をお過ごし下さい!

 

お仕事をお探しのシニアの方にお伝えしたいこと

2016.04.06

皆様

おはようございます。
神戸・大阪を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は「お仕事をお探しのシニアの方にお伝えしたいこと」についてお話しいたします。

大切なことなので先にご説明しておきますが、企業が求める人財と求職者との間のミスマッチを
出来る限り逓減するため、求職者に意識をしていただきたいことを素直に書きますので「私はそうではない」と思われる方もいらっしゃるかと思いますがご容赦下さい。
あくまで一例でございます。

当方では求職登録をする際に当方ビジネスパートナーの公認会計士・税理士同席の元、求職者面談を行っております。
その面談時にシニアの方が話される一例お話ししたします。

1.人にアピールすることや伝えることがあまり得意ではない。

2・実務能力について、出来るとおっしゃる実務レベルの内容に疑問を持たざる得ない場合がある。
例:経理はプロであるが、給与計算実務についてヒアリングした際できるとおっしゃるが社会保険の算定や年末調整など詳しく聞くと理解はしておらず、ソフトを入力するレベルであればできるといったことがある。

まず、1番については「人にアピールすることや人に伝えることがあまり得意ではない」とおっしゃる方については、みなさん意外とそんなことない方が多いです。話し出すと皆様きちんとアピールして頂けております。苦手意識を持ち、自分自身を理解することは大切ですが、もしそう思われるのでしたら対策を講じる必要がございます。
「話す」が苦手であれば「書く」等で表現をするなど工夫はできます。

「書く」というテーマで職務経歴書について話しますと、求職者の方に頂く職務経歴書に多いのは、職務経歴と履歴書の内容がほとんど変わらないことです。職務経歴書には会社の規模や行ってきた業務の内容や規模を具体的に「定量的」に表現したほうが書類を見る側としてはイメージをしやすいと思います。

1番、2番を通して言えることは「わかりやすく伝える」ことを意識して、資料作成や当方の面談時の質問や企業の面接時の質問に答えることができれば、これだけでもミスマッチは逓減できると私は考えます。

シニアの皆様、皆様は素晴らしい経験やノウハウをお持ちですので「わかりやすく伝える」を意識して就職活動を行って頂ければ、当方はスムーズに求職活動のお手伝いができ、求人企業は採用をスムーズに進められると思います。
書類作成など当方も出来る限りお手伝いいたしますのでお相談頂ければ幸いです。

シニアの皆様がもっと活躍できるよう当方は活動してまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

 TEL : 078-321-5114
 Mail : info@senior-aid.jp

次回は「企業がシニアの方に求める人物像」についてお話しいたします。

それでは本日も充実した一日をお過ごし下さい!!

 

 

34 / 35« 先頭...1020...3132333435