トップに
戻る
株式会社シニアエイドイノベーション

兵庫県、大阪府、京都府、東京都のシニアエイドイノベーションは課題解決のご支援から、アウトソーシング、人財紹介まで全て引き受けます

対象業務(経理・財務・労務・総務・営業・技術職)

代表の日記

2016.06.10

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「平成29年4月1日より社会福祉法人の会計監査人設置義務の予定」についてお話しいたします。

昨日、公認会計士の先生と打合せをしていた所、社会福祉法人の会計監査人の設置が義務化されるとのお話がありました。
詳細は以下です。

<厚生労働省 社会保障審議会福祉部会の資料より>
※参照URLhttp://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000071371.pdf

【現状】
○社会福祉法人に対する外部監査については、外部の専門家によるチェックを通じて法人運営の
透明性の確保を図ることを目的として、公認会計士法第2条第1項に基づく財務書類の監査及び証明に該当するものに限らず、広く税理士その他の会計の専門家や社会福祉事業について学識経験を有する者による監査の実施を推奨してきた。
○上記の公認会計士法に基づく監査法人等が実施する監査を受けたことのある法人は限られている。

【課題】
○社会福祉法人の公益性を担保するため、ガバナンスの強化、財務規律の確立を図る観点から、一定規模以上の法人に会計監査人の設置を義務付けることが必要。
○会計監査人の設置を義務付ける法人の範囲については、監査に対応できる事務処理の態勢と監査費用の負担能力を考慮して基準を設定するとともに、受入れ態勢の整備を促進することが必要。
○会計監査人の設置義務化の対象とならない法人についても、ガバナンスの強化の観点から、外部の専門家によるチェック体制を整備することが必要。

【対象となる社会福祉法人】
・収益(事業活動計算書におけるサービス活動収益)が10億円以上の法人
・負債(貸借対照表における負債)が20億円以上の法人

社会福祉法人を経営の皆様、ご存知でしたでしょうか?
平成29年4月1日の施行ですので今から準備をしないと間に合わない可能性がございます。
もし、対象かどうかわからない際はお問合せをいただければ公認会計士をご紹介することが可能です。

また皆様の周りの社会福祉法人はいかがでしょうか?

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.09

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「アメリカの数学者が愛用する日本のチョーク|羽衣チョーク」についてお話しいたします。

昨日、NHKの所さん!大変ですよの再放送(2015年4月か5月ごろ放送)で「羽衣チョーク」について再放送されておりました。

皆様は羽衣チョークはご存知ですか?
羽衣文具が製造する羽衣チョークは「チョーク界のロールスロイス」とも呼ばれる品質だそうです。

<ウィキペディア>
羽衣文具株式会社(はごろもぶんぐ)は、日本の文房具メーカー。本社は愛知県春日井市で、チョークのトップブランド、羽衣チョークで知られた。炭酸カルシウムを主原料とする羽衣チョークは、国内外問わず最高級品として重宝されていたが、後継者不在を理由として、2015年株式会社馬印に技術移転して自主廃業した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E8%A1%A3%E6%96%87%E5%85%B7

何が大変かというと、日本では市場がないことで事業承継がうまくいかず廃業ということになっておりますが、株式会社馬印に技術移転し、実際には韓国の会社に買収されており韓国から日本の技術を先進国は経済的に豊かな国に輸出を行っているとのことです。
羽衣文具には製造の工程に長年培ってきたノウハウがあり、独自の機械を3台持っておりました。
その2台が韓国に行き、残り一台は馬印に行ったとされております。

なぜ韓国の企業が買収までしてチョークの生産をするのかというと海外ではヘビーユーザーがたくさんいるからです。
また、海外には市場があり、競合がいたとしても品質面から羽衣チョークが選ばれることを確信していたからではないでしょうか。
廃業を知ったアメリカの数学者がこぞって買い走り、中には15年以上のストックをまとめ買いしている教授もいたそうです。

そこで私が思うことは、なぜ海外の市場に目を向けられなかったのか?ここがポイントかと思います。
日本には良い文化や技術、伝統がありますがPRをあまりしておりません。
日本人だから当たり前ですが、海外からするとお金を払ってでも得たいものなのだと思います。
例として、日本の爪切りは海外の方のお土産で評判が良いそうでまとめ買いする人も多いようです。

私は日本の技術が海外に行ってしまうことが非常に悔しくてなりません。
日本の伝統や技術を守る活動を国や地域がもっと力を入れて行い、PRを行って攻めることが必要ではないでしょうか?(攻撃は最大の防御です)
皆様はどのようにお考えになられますか?

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.08

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「M&Aとは?|M&A会社との情報交換」についてお話しいたします。

昨日はM&A会社様同士の顔合わせに立ち合いをいたしました。
まずM&Aとはなんぞやということで以下参照願います。

<ウィキペディアより>
M&A(エムアンドエー)とは、企業の合併や買収の総称。英語の merger and acquisition(合併と買収)の略。他の企業を取得しようとする際には買収者やその子会社などに吸収合併させるほか、買収先企業の株式を買収して子会社化する手段が用いられることから、およそ企業の取得という効果に着目して合併と買収を総称するものである。

M&Aは新規事業や市場への参入、企業グループの再編、事業統合、経営が不振な企業の救済、資金手当てなどを目的として実施される。広義には、包括的な業務提携やOEM提携なども含まれる。

日本法上の概念としては、合併・会社分割・株式交換・株式移転・株式公開買付などの法的要素が核となるがこれらの各要素は対象企業のコントロールを得る手段として捉えられ、M&Aという場合には利用する手段のデザインを含めた企業戦略を把握する概念として用いられることが多い。
https://ja.wikipedia.org/wiki/M%26A

昨日のお話の続きですが一社はM&A事業をメインとしている企業ではなく、一言でいうなら「中小企業の支援」を行っている会社です。
中小企業からのご要望でM&Aや事業再生なども行っているそうです。
そこで人材の確保が必要なら当方のようなサービスを行っている会社に依頼をして人材の提供を行ったりもしています。

もう一社は中小企業というよりも零細企業やマニアックな企業のM&Aを行っておりデューデリ(デューデリジェンス)から行ったりしており、手付金などは一切なく完全に成功報酬でやっており、M&Aでもニッチなジャンルとのことです。
※デューデリジェンス・・・・不動産投資やM&Aの際に、企業の資産価値を適正に評価する手続き。

お二人のお話を聞いていると興味深い内容ばかりで、M&Aの方法としてただ売買するだけではなく、新たに箱(法人)を作ってその会社で株を買い上げる方法や資本提携なんかもあるそうです。また中には現状では価値がつかない法人もあるそうで、そう言った場合は事業再生をして価値を上げてから売却することもあるそうです。

最近では税理士業界でも後継者がおらず事業承継ができない事務所も少なくありません。
もし法人の売却や店舗の売却、逆に購入などをお考えでしたら当方までお声かけください、
お手伝い致します。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.07

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「税理士事務所のパート|神戸の税理士先生」についてお話しいたします。

昨日、2件の税理士事務所を訪問してきました。
どちらも新規の税理士事務所です。

1件は15名程いらっしゃる大阪の税理士事務所で税理士資格保持者が4名。公認会計士が1名所属する大所帯の事務所です。
この事務所は資格取得を目指される職員様を応援している事務所で残業が非常に少なく勉強するには最適な環境です。
また、74歳の職員さんが働く、働きやすい環境でもある事務所です。
もし資格取得を目指されており、勉強できる環境を求めている方はお声かけください。

もう1件は当方のお知り合いからのご紹介で訪問してきました。
女性の先生でざっくばらんにお話をして頂き、また非常に優しい先生でした。
「先生に60歳以上でパートをお雇いになりませんか?」とお話しした所、「私、入力業務が好きじゃないから前来ていた方が辞めてから苦痛だったの。笑」と先生。
「仕事量がそんなに多くないから週2、3日だったら受入出来るよ」とお話を頂きました。
先生からもお話がありましたが1カ所で5日フルで働けなくても2会社掛け持ちで働くということもできます。

経理財務に特化した形になりますがこれからも50歳以上の方のお仕事斡旋を致します。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.06

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「経済センサス|基礎調査」についてお話しいたします。

5月末に事務所で仕事をしている際にいきなり、「アンケート調査をお願いします」と女性の方が来られました。
怪しまれないように名札を見せられ、どのような目的のアンケート調査なのか説明をした頂きました。
何のアンケートかというと経済産業省及び総務省が行っている「経済センサス」のアンケートでした。

<経済センサスの目的>
 経済センサスは、事業所及び企業の経済活動の状態を明らかにし、我が国における包括的な産業構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報 を整備することを目的としています。
  経済センサスは、事業所・企業の基本的構造を明らかにする「経済センサス‐基礎調査」と事業所・企業の経済活動の状況を明らかにする「経済センサス‐活動調査」の二つから成り立っています。
 経済センサスにより作成される経済構造統計は、国勢統計(国勢調査)、国民経済計算に準ずる重要な統計として、「統計法」(平成19年法律第53号)という法律に基づいた基幹統計に位置付けられています。
※統計学ホームページより参照 http://www.stat.go.jp/data/e-census/

アンケートの内容は事業者の売上額や売上の内訳などについてでした。
アンケートは基本的に前年の状況のものですので私の場合はほとんど答える欄がありませんでした。
何をもって当方の事務所にアンケート届けたのか疑問が残りました。
とりあえず事務所があるので配ったのか、あるいは事業所の情報をを調べたうえで配っているのでしょうか?
本当にこれでまともな統計がとれるのでしょうか?

皆様の手元にも届いておられますでしょうか?
国勢統計(国勢調査)、国民経済計算に準ずる重要な統計とのことですので、出来るだけきちんとお答えしましょう。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.03

 

おはようございます。
神戸・大阪・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士についてご相談承ります」についてご紹介いたします。

昨日、当方のホームページをご覧いただき神戸の社会保険労務士様からご連絡を頂き、一度お会いすることになりました。
これもご縁ですので先生の強い分野をきちんとご教示頂こうと思っております。

当方のサービスの一つですが、税理士、公認会計士、司法書士、社会保険労務士の方々に相談をしたいけれど、ハードルが高く相談できない(相談料がかかるのでは・・・や相談するとその先生にお願いしないといけないのでは)といった個人事業主様や中小企業の皆様の相談窓口としてサービスを提供しております。
先日も、大阪の企業のご担当者から税理士と社会保険労務士の件で相談を受けました。
内容としまして税理士は具体的なアドバイス等を頂けず、税制改正についても強い税理士ではないとのことで、社労士は実務経験が乏しく、また会社の労働体系が複雑でうまく機能していないと相談を頂きました。
当方の方で出来るだけ会社のニーズや社長及びご担当者との相性を考え、適任な先生をご紹介致します。

社会保険労務士の範囲で行くと今話題の「介護支援取組助成金」の申請についてのサポートが多いように思います。
介護支援取組助成金について|シニアエイド・イノベーション

皆様もどのようなことでも結構ですのでご連絡お待ちしております。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.02

 

おはようございます。
神戸・大阪(梅田)・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「とある税理士先生との出会い|大阪」についてお話しいたします。

先日、ある方から「勤務税理士になろうかと考えている税理士がいるから相談にのってほしい」とお電話があり、昨日その先生に会いに訪問して参りました。
現在は独立開業しており、特に急いでいないとのことでした。
人当たりも良く笑顔が素敵でジェントルマンな先生で、お話を聞いていると顧問先の相談にも親身になって相談にのっているとのことでした。
控えめな先生ですので良いご縁があればとのことでした。

その後コーヒーを飲みながら雑談をしていたのですがお住まいの話から、現在が西宮の北の方にお住まいとのことで以前勤めていた時に営業エリアだった神戸市北区にも非常に詳しかったので話が盛り上がり、よくよく聞いてみると明石にもお住みになったことがあるとのことでした。

私:「明石のどちらにお住まいだったのですか?」
先生:「明石の西隣の駅・・・どこでしたっけ?」
私:「西新町です。」
先生:「そうそう!西新町です!明石はすごくいいところでした。人も良く、お酒もおいしくて、食事するところもたくさんあって、何より海が近いのがいいですね。明石で縁談があればそれはそれで歓迎ですよ!」

と会話が弾みました。
先生と二人で「これもご縁ですね」と話しておりました。
もし、神戸、明石、西宮、神戸市北区等で「税理士に来てほしい」という事務所がありましたらお声かけください。
先生の既存の顧問先も取り込んでくれる事務所を探しております。

本当にどこでどのようなご縁があるかわかりませんので出会いは「一期一会」ですので大切にいたしましょう。

また、本日は「60歳以上のシニアの雇用を検討頂ける神戸の企業」に訪問です。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.06.01

 

おはようございます。
神戸・大阪(梅田)・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「神戸の個人事業の酒屋と顧問税理士の60年の歴史」についてお話しいたします。

昨日、神戸で新規飛び込み営業をしていたのですが、ある酒屋に訪問した際に顧問税理士との長い歴史についてお話しをお伺いしました。

その酒屋は創業60年以上になり、顧問税理士とも創業からの付き合いだそうです。
店主と店主の奥様は80歳以上でお二人ともお元気で、酒屋と酒屋の隣で立ち飲みを経営されており、毎日いきいきと過ごしておられます。
顧問税理士と出会ったきっかけは酒屋を始めるに当たって税務署に申請に行った際に、その時に知り合ったのが今の顧問税理士で、当時は税務署の職員だった先生が退官をされて税理士として独立されるとのことで、それらか顧問をお願いすることになったそうです。
それから60年以上もたっていますが、今も酒屋の店主も税理士事務所の大先生も変わらず健在です。
私が強い絆で結ばれていると思ったのが酒屋の店主の息子さんも開業税理士であるにも関わらず息子にまかせるのではなく、現在の税理士にお願いしているということです。
この先もずっと現在の税理士事務所にお願いするとのことです。

このように小さな酒屋さんかもしれませんが、このような酒屋さんがなくなるのも寂しいことだなと感じました。
古き良き文化は出来る限り残していければとつくづく思いました。
週に何日かはそのような立ち飲み屋で店主の話を聞くのも良いのではないでしょうか?

改めて日本を支えているのは大企業だけではないと感じました。
このような「父ちゃん母ちゃん企業」も一生懸命日本を支えております。

帰り際に酒屋のお母さんから「まだまだ若いから諦めずがんばるんやで!私たちもまだまだがんばるよ!」と温かいお声かけを頂きました。
また別の会社の社長にも「お互い大変やけどがんばろう!」とお声かけを頂きました。

営業やっていてよかったと思った瞬間でした。

これからもどんどん前に向かって進んでいきます。
皆様のご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.05.31

 

おはようございます。
神戸・大阪(梅田)・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

本日は、「みずほ、定年65歳に延長へ 3メガ初、18年末までに|Yahooニュースより」についてお話しいたします。
※Yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000001-asahi-bus_all

ニュースの内容は以下のように記載されております。

みずほフィナンシャルグループ(FG)が、定年を現在の60歳から65歳に延長する方針を固めた。2018年末までに実現する意向で、3メガバンクでは初。資産運用・活用の相談業務などが重要になっており、経験豊富なベテラン行員を活用しつつ、雇用延長の流れにも乗る。佐藤康博社長が、朝日新聞の取材で明かした。

 13年施行の改正高年齢者雇用安定法により、企業は従業員が希望すれば65歳まで雇用する義務を負う。ホンダやサントリーホールディングスなど、定年そのものを65歳に延長する動きも出ている。

 一方、銀行業界では、50代前半までに役員になれないと、定年どころか取引先などに出向する慣習が残る。佐藤氏は「その道の専門家もいるのに、もったいない。いずれ銀行業界はみんなそう(65歳定年に)なる」と話す。

 定年延長は新中期経営計画の一環。ほかに将来性ある若手・中堅の積極登用も進める。30~40代を積極的に支店長などにし、幹部候補として育てる。すでに社内公募によって35歳の支店長が誕生しており、取り組みをさらに広げる。また、40代の各部門の優秀な人材を対象に、哲学や歴史など金融と直接関係のないテーマの研修も始める。幅広い知識や教養を身につけてもらうという。

<まとめ>
実際は年金の受給が65歳に引き上げられてからかなりの時間がたってからやっと65歳引き上げでニュースになっております。
現在では、年金の受給がが70歳まで引き上げられるかもといっている中、対策が遅いのではないのかと思います。
大手は社員が多い分、退職引当金などの管理の観点からも動きづらい部分があるのかもしれないですね。
そもそもこういったことは中小企業の方が対策が早のではないでしょうか。
皆様の企業はいかがでしょうか?

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!

 

2016.05.30

 

おはようございます。
神戸・大阪(梅田)・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。

昨日、5月29日ですがレッスルワン神戸大会でのFOP明石の募金活動に参加してきました。
会場は神戸三宮のサンボ―ホールでした。

レッスルワン神戸大会 |「筋肉が骨になる難病(FOP)と闘う、いっくんのブログ」(FOP明石)

昨日、初めて育海君(いっくん)に会うことができました。
いっくんママ(育海君のお母様)に似て冗談が面白く、気さくなで、第一印象はシャツとネクタイ選びが良くジャケットをかっこよく着こなすおしゃれな青年だなと思いました。

現在、いっくんは杖をついて歩いており、筋肉の骨化も進んでおり、食事をする際に口が大きく開けられないような状態です。
そんな体のいっくんも会場に足を運びFOPだけではなく難病の研究が進むように難病の周知活動や募金活動を行っていました。
また、いっくんママを筆頭にいっくんの同級生の大学生の方々や、いつもお世話をしてくださる木谷さん、レッスルワンの社長や選手たち、皆さん難病支援のために頑張っておられました。

私も出来る限り支援の輪が広がるよう微力ながら支援が出来ればと思っております。
いつもFOP明石の皆さんの活動を見ていると心打たれるものがあります。

皆様にもご支援願えれば幸いです。

13115517_885932348182637_1030431376_n

13256024_893839724078960_8491246727026447343_n

13263665_893842777411988_6553243692876110283_n

13319766_893842454078687_6723360492616156984_n

13319789_893842540745345_4303103922239298049_n

13340433_893964500733149_1601230690_o

13331098_893839450745654_7264709851877208535_n

不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。

TEL : 078-321-5114

Mail : info@senior-aid.jp

皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!