株式会社シニアエイド・イノベーション

大阪・兵庫・京都・和歌山の経理作業をサポート

新着情報

2017.04.13

IT導入補助金|平成29年3月31日(金)〜平成29年6月30日(金)17時まで

おはようございます。 神戸・大阪・京都・滋賀・明石・姫路・加古川を中心にシニアの経理財務経験者の雇用を考える企業として事業を展開する、㈱シニアエイド・イノベーションの田中です。 本日は「IT導入補助金|平成29年3月31日(金)〜平成29年6月30日(金)17時まで」についてお話を致します。 昨日も打合せ時にIT導入補助金について話に上がりましたので情報を共有致します。 基本的には補助可能な認定ベンダーにて開発なり購入が必要となりますのでご注意ください。 またこの機会に導入を促進することをお勧めいたします。 導入費の3分の2を支給、最大100万円支給(クラウドサービスは1年分) 引用:一般社団法人サービスデザイン推進協議会https://www.it-hojo.jp/applicant/ <補助対象となる事業> 以下の要件を満たす事業に対して補助を行います。 ① 日本国内で実施される事業であること。 ② 事務局が採択したIT導入支援事業者のITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する事業される事業であること。 <申請方法> 1. 申請準備 補助事業者は、これまでの事業改善に向けた取組や自社の強み・弱みを分析しつつ事業課題を明らかにし、事業課題に対するITツールの利活用や、それを通じた将来計画の検討を行っていただく必要があります。 2. 「IT導入支援事業者」及び「ITツール」 本ホームページから、事業計画に沿う「IT導入支援事業者」及び「ITツール」を検索してください。 https://it-hojo.secure.force.com/shiensearch/ 3. 交付申請 本ホームページに掲載している必要書類を確認の上、IT導入支援事業者に交付申請の代理申請を依頼してください。 また、以下の関連施策への取組状況について、申告することが可能です。制度等の詳細は、それぞれのURL等からご覧ください。 (1)おもてなし規格認証2017について 補助事業者は、サービス品質の「見える化」・生産性向上の指標である「おもてなし規格認証2017」(紅、金、紺、紫認証のいずれか)の取得している場合、補助金の申請にあたっては、交付申請時に、下記ホームページより登録いただいた際に発番された「登録番号」を記載してください。 <おもてなし規格認証ホームページ> https://www.service-design.jp/ (2)専門家による事業計画の作成支援について 補助金の額が50万円以上の案件については、補助事業者の生産性向上を目的とした業務改善、ITツールの導入に係る事業計画の策定、ITツールの選定・導入等に関する「専門家」の支援を受けた場合、事業計画書に必要事項を記載してください。 「専門家」(※1)とは、よろず支援拠点、地域プラットフォーム、ミラサポに在籍・登録のある専門家、またはIT導入支援事業者社内にITコンサルティングの経験があり、その能力を有する者(※2)のことを言います。 (3)経営力向上計画について 補助事業者は、補助金の額が80万円以上の案件については、「中小企業等経営強化法」に基づく経営力向上計画の認定を取得している場合、補助金の交付申請時に、経営力向上計画の認定証を提出してください。 また、申請中の場合は、各事業分野の担当省庁に申請を行っている旨を記載してください。ただし、認定を受けたことが確認できるまでは交付決定を行うことができません(補助事業を実施することができません)ので、予めご承知置きください(※)。 <経営力向上計画について>http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/ (※)経営力向上計画の認定については、各事業分野の担当省庁の窓口に申請し、それが受理されてから30日間程度の審査等の期間を要するため、ご注意ください。 不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。 TEL : 078-321-5114 Mail : info@senior-aid.jp 皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!
無料相談はこちら

ご相談、訪問による現状診断も無料

大阪・兵庫・京都・和歌山を中心にサポートしております。まずはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

078-321-5114

【受付時間】9:00〜21:00

TOP 株式会社シニアエイド・イノベーション