株式会社シニアエイド・イノベーション

大阪・兵庫・京都・和歌山の経理作業をサポート

新着情報

2016.11.18

フリーランスの人材活用を検討|yahooニュース

おはようございます。 神戸・大阪・京都・明石・姫路を中心にシニアの経理財務経験者および企業のための人財マッチングサービスを展開しております。シニアエイド・イノベーションの田中です。 本日は「フリーランスの人材活用を検討|yahooニュース」についてお話いたします。 昨日のyahooニュースに「フリーランスの人材活用を検討 経産省が「働き方改革」の新施策として期待」というニュースがございました。 私が以前より訴えている「多様な働き方」の第一歩だと思います。 現在は、フリーランスでお仕事をされている方も増えており、これからも増えることと思います。 例:ランサーズ(フリーで仕事が出来るサイト) URL:http://www.lancers.jp/ シニア人材や、子育て中のママ、障がい者の方、介護中の方などこういった働き方が当たり前になれば、自由に働くことが出来、収入を得ることが出来ます。 ただ、ひとつ忘れてはならないのが上記のような方々にお仕事をお渡しするマッチング会社の質が問われることになると思います。 自社で直接交渉が出来るようなシステムができることと思いますが、本質的なマッチングが行われるかどうかは定かではなく、ミスマッチを起こす可能瀬も在ります。 これからも様々な形でお仕事が出来る環境が増えるよう当方も精進して参ります。 そしてできる限りミスマッチが起きない様、人財との面談と求人会社との面談に力を入れていきます。 改めて企業の皆様が雇用について考える機会になればと思い、本日は表題のテーマを選びました。 <yahooニュース本文> URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000540-san-bus_all 経済産業省は17日、企業と雇用契約ではなく請負契約などを結んで働くフリーランス人材を活用しようと、有識者でつくる「雇用関係によらない働き方」に関する研究会の初会合を開いた。ITなどの専門技術者や出産、育児で企業を退職した女性の新しい労働の形を模索し、政府が進める「働き方改革」に取り入れるのが狙いだ。経産省は実態を調査するために月内にアンケートを実施する。  フリーランスは、企業とは雇用契約ではなく、業務契約によって仕事を請け負う働き方。会社員でも副業や兼業ができたり、子育て中の女性が手の空いた時間に働けるなどの活用方法が期待されている。  研究会では、人材育成や教育訓練の仕組み作りや現行の労働法制の直接的な対象とならない中での労働時間のあり方、公平な市場ルールの整備などを議論する。来年3月末までに、課題を整理して報告書にまとめる。座長を務める慶應義塾大の高橋俊介特任教授は「外部の多様な人材を活用することは、企業の変革・創造にもつながる」と意義を強調した。  経産省が4月にまとめた「新産業構造ビジョン」の中間報告では、ロボットや人工知能(AI)を活用した「第4次産業革命」により、就業構造や企業と個人の関係が劇的に変化すると指摘。個人が能力や適性にあった形で働くための人材政策や労働市場、雇用制度も変革する必要があるとしている。 不明点やご意見ございましたら下記までご連絡お願いいたします。 TEL : 078-321-5114 Mail : info@senior-aid.jp 皆様、本日も一日ハツラツと良い1日をお過ごし下さい!
無料相談はこちら

ご相談、訪問による現状診断も無料

大阪・兵庫・京都・和歌山を中心にサポートしております。まずはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

078-321-5114

【受付時間】9:00〜21:00

TOP 株式会社シニアエイド・イノベーション